2016年公開 スタジオディーン

大庭秀昭 里見浩太朗 小西克幸他

殉教者マンセーはいかんが、浄土真宗のとっかかりには良い映画

この映画は、応仁の乱から戦国時代へと世の中が変化している中の話。

二百年前に親鸞聖人が開いた浄土真宗の教えを広めようとした蓮如(れんにょ)聖人と

不幸な事故から妻子を亡くし途方に暮れている了顕(りょうけん)の物語である。

なるべくネタバレせずに書きたいが

ひとつだけ言うと

最終的には大事な仏教の教えの品を守るために

信者が犠牲になる話であり

そこを映画のクライマックスに持ってきている。

まあ、映画だから、

ある程度刺激的な場面をラストに持ってくるのは仕方ないとしても、

正直モノのために人間が犠牲になるとは

けしからん、と個人的には思った。

とはいえ、浄土真宗の教えにほんのり興味があった俺としてはよい入門映画となった。

真言宗とか、天台宗の人は見ないほうがいいかも笑

おもいっきり悪役なので

ヒッヒッヒってかんじのやつらがずっと出てた

まあ、冒頭で了顕が言っている

坊主は金の亡者だぞ!!

と言っているのはかなり当たっていて

浄土真宗の坊さんたちもほぼ9割以上金儲けのため、

仕事として坊さんをやっていると思う

(知り合いが多いので実感としてです)

だって、寺って世襲だもんね。

門徒は金をくれるやつらとしか

坊さんは思ってないんだろうね。

そりゃ〜ただのいい金づると二代目社長とかよりもずっとアフォーなお世継ぎが

使用人を使って金を巻き上げるただの商売になりさがっとる。

まあ、そんなことはおいといて

映画の中の人物はみな信心が厚い人達ばかりで

安心して見ていられる。

了顕は冒頭は

坊主は金の亡者だぞーっ!

浄土真宗の教えの歌なんて歌うなーっ!

と怒鳴る

はらへった飯よこせーっ!

と物を蹴る、、、

と、妻と母に悪態をつきまくる

超絶困ったちゃんで、手は出さないけどDV一歩手前くらいのやばいやつなのだが、、、

色々あって改心し

蓮如聖人の教えに深く感動し

他宗からの迫害にあいながらも

新天地を求めて移動し、その中で浄土真宗の教えについて語られていく、、、

という話

中盤の蓮如聖人の講話が

親鸞聖人の話の核心をもったいつけずに

語ってくれているし

かなりわかりやすく語ってくれているので俺でも理解できた!気になった。

まとめると、、、

親鸞聖人の教えはただ一つ、

「なぜ生きる」の答え

それは、「大悲の本願の船に乗ること」

らしい

人生は苦しいことの連続

一難去ってまた一難

何かを頼りしても、金や地位や名誉

両親、連れ合い、子供、兄弟、友人

人を頼りにしても

結局皆全て最後には自分の前から消え去り

うばわれてしまう。

蓮如聖人はこう例えながら説明する

「板切れつかんでも、大波に飲まれ 塩水飲んで苦しみます

 大きな丸太に捕まっても、さらに大きな波に捕まっても 塩水飲んで苦しみます

親鸞聖人いわく

よろずのこと

みなもってそらごと たわごと

まこと あることなし」

妻や子供、お金はまるたんぼうや板切れ と同じだと言っている

お金や家族は突然どこかに行ってしまうだろう、と。

いよいよ死んでいく時は

何も持っていけない

全てうばわれる

元々持っていなかったのか

俺がミニマリズムに惹かれた理由も

ここらへんの理由と近い

結局全てはうばわれ無に帰る

皆何かを手に入れるゲームに興じているが

それは最後は全て意味がなくなる

まあ、「ゲームクリアしたぜーやったぁー!・・・ところで、これなんか意味あるか??」

とかいってたらテレビゲームなんてできないけどな笑笑

ちょっと脱線したけど

どんなに苦しくても生きねばならないのは

大事な目的、それは死出の山路をただ1人行く時

苦しみの難度の海(荒波の海みたいなもん)を極楽浄土まで

楽しく渡す阿弥陀仏の本願によって

作られた船

大悲の願船🚢(キターー)に乗るために

仏法を聞く

聞いて、一生懸命信じれば乗せてくれるらしい

つまり、極楽浄土のハッピーな場所に

死んだら行けるのだけれど

そこまで迷わず直行便で連れて行ってくれる

船があるのでそれに乗るために

阿弥陀如来を信じて仏法をしっかり聴きましょうね!

※(仏法を聞いたり、信心を持つ前に亡くなった赤ちゃんや子供はきっと無条件で何も分からずとも大悲の願船に乗せてくれると俺は勝手に解釈してる)

と、まぁ、そういうことナリィ

タダなら聴くぅ・・・(俗物!)

最後は了顕の奥さん

オチヨさんが歌っていた恩徳讃を書いて終わる。

恩徳讃

如来大悲の恩徳は〜♪

(誰でも信じれば船に乗せてくれること)

身を粉にしても報ずべし〜♫


師主知識の恩徳も〜♪

(そんな阿弥陀仏がいることを教えてくれた人への恩)


骨をくだきても謝すべし〜♫

Follow me!

投稿者について

ミニマルな生活に憧れる
意識低い系ミニマリストだよ
色々なものを手に入れようとずっと
もがいてもがいてきたけど、
ぼちぼちもういいかなぁ、と思っているよ
気持ち安らかに何より心の自由を大切にしたいよ
   お し ま い

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です