今日は今の上司と面談

機嫌が悪いとべらんめぇ口調になるため

人によっては恐れられているが

俺にとっては、あんまり変なことで足引っ張ってこずにわりと仕事も任せてくれるからいい上司

面談には、緊張したが

緊張の気持ちをクリアリングしてから臨んだ。

その結果、、、

上司 「なんか言いたいこと、不満とかあるか?それで評価下げたり、メモしたりしないぞ。こういう場でしか、あんまり言えないからなぁ」

俺 「不満、、、ですか。仕事もある程度任せて頂いてますし、時々アドバイスも頂いて、やりやすい環境で仕事をやらせてもらっているので、、、正直、、、感謝しかないです。」

上司 「そ、そうなのか?!珍しいなぁ、大体みんな不満とかあるんだけどなぁ、ま、まぁ、そんな言われても評価は上げないからなっ照(ツンデレ風)」

というやり取りがあった。

無論、上司からは俺の良い点、またもう少し昇任するには頑張らないとならない点があるとのことで、意見をもらった。

クリアリングしていたため、

本心とは言え、人に感謝しかないです、

なんて家族以外に言ったことないので

(まして上司に)

自分でも驚いた。

自分はおべっかを使わない男だと思っていたが

本心とはいえ、おべっか使えるやん俺!

と思ってビックリした。

多分だけど、相手からどう思われてもいいと思っているからおべっか使えるんだと思う。

逆説的だけど、、、

おべっか使ってみようか?

でも、それで逆に嫌われたらどうしよう?

やっぱりやめとこう、、、

という思考回路が昔はあったのだと思う。

今は、人から嫌われたいわけでないが

人から好かれるかどうかは運次第

人から評価されるかどうかも運次第

と思っているため、相手にどう思われるかを

気にしないで発言したからだと思う。

無論、今回は上司はどちらかというと

喜んでいたが、嫌われることもあるだろう。

それでも良い、とクリアリングしたら

少しそう思える。

上司からは、

もう少しここが伸びれば昇任の可能性があると

言われたが

正直、自分では指摘された点はすでに

ちゃんとやっているつもりだったが

どうやらまだやれていないらしい。

もう少し意識して、

やるだけやってみるが、

どう思うかは他人にお任せである。

一生懸命血反吐を吐いてやったのに

頑張っているのに!

他人はまったく評価してくれない!

という怒りは

ホアキンフェニックス版のジョーカーを

彷彿とさせる。

つまり、他人からどう思われるかを

自分の価値基準においては

不幸になってしまうということだ。

だから明日からまた

どう思われてもいいや、と思いつつ仕事をすることにする。

しかしながら昇任した場合

辛さが増すならむしろ昇任したくないが

自分に役職がついて発言力が増し

仕事がやりやすくなるならば

昇任も悪くないと思った。

若い頃は昇任は金のため名誉のために

目指すものだと思っていたが

それ以外の「仕事のやりやすさ」

のために目指すというのはなんとも

やる気が出る話だと思った。

とはいえ、

昇任しようと思ってなるものではない。

昇任しようと思って昇任できず

残念そうにしている人

(多分家では失意の底に沈んでいる人)

そういう人を、会社で沢山見てきた。

たとえば、

ある意中の女子から

「シュッとしたイケメンになってくれたら

付き合うの考えてあげてもいいよ」

と言われたとする。

そう言われて、痩せたり、オシャレに気を使ったりしないのは論外である。

しかしながら、痩せたり、オシャレに気を使うまでは自分では出来るから頑張って楽しんでやってみれば良い。

出来るのはそこまでだ。

その結果、ちゃんと言われた通りやったのに

意中の女子から「ん〜なんか思ってたのと違うかも〜ごめんやっぱりムリー」

と言われてもそれはそれでOK。

田坂広志曰く

成功は約束されていないが

成長は約束されているのだ。

Follow me!

投稿者について

ミニマルな生活に憧れる
意識低い系ミニマリストだよ
色々なものを手に入れようとずっと
もがいてもがいてきたけど、
ぼちぼちもういいかなぁ、と思っているよ
気持ち安らかに何より心の自由を大切にしたいよ
   お し ま い

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です