腕時計に興味を持ってから初めて買った少し高めの時計を手放すことにした

理由は単に昔からちょっと好きではなかったからだ

好きではなかった理由

1.飛びアラビアインデックス

2.ブレス!とにかくつけ心地が悪い

 つけ心地が悪いのにブレスを外すことができない!!

3.電波なのに曜日がない

以上である。

購入前はかなり悩んで

色々調べて、きっといい時計に違いないと

ネットの情報だけを頼りに購入し

ブレスのつけ心地の悪さ、

柔軟性ののなさに唖然とし

苛立ち、憎み

でも時折見せるブラックチタンの

立体感のある表情、

オレンジの秒針に

たまにうっとりし

会社のなかでも部署異動を提言した際に付けた時計でもあり

どうにかブレスを外して使えるようにしようとしたが

結局ブレスは付け外し出来るものではなかったらしく

しかし、執念で外してしまい

逆にメーカーに修理に出して直してもらったこと、、、

色んな、、、色んな思い出が詰まっている

でも、やはりこの時計が好きではないのだ。

好きではないなりに、ずっと付き合ってきて

良いところも知ってはいるのだけれど

やはり悪いところが目についてしまう。

結構良い値段したのに

なんで安い価格帯のブレスの作りなのだ、と。

モノには、見た目が好みとか、

それ以上に、もっと重要なことがある。

それは、つけ心地が悪いものはダメ、ってことだ。

車とかも多分そうで、いくら見た目がカッコよくても、

乗り心地が悪ければ

それは多分、長く付き合っていくことは出来ない車だ。

人もそうかもしれないね。

とにかく、そんな複雑ぅうううな感情を抱く

時計を、ず〜〜〜っと前から売りたくて

出品したら一瞬で買い手がやってきて買われた。

その間、出品から、買われるまで

約10分以下5分でいいねがついて

5分で交渉して買われた、、、

ま じ か

最近、モノに関して考えるのは

死んだら持っていけないよね、

ってこと。

死んだら持っていけない腕時計

とは、どこでお別れするかって話だし

他のモノ達に関してもそう

本当に一生一緒にいたいと思えるモノ

それらに囲まれて生きていたい

あとのモノ達は、また彼らにふさわしい場所

持ち主のところに行って欲しい

だから、お別れする。

もう少し、最近スピ界隈で

学んだ事と絡めていうと

自分が好きな筋トレしたり

旅行したり、会社行ったり、

こうやってブログ書いたり

なにをするんでも、

結局最後はなにを求めているのかというと

色々な感情を経験して、

最終的には

「あ〜満足した〜」という感情を感じたい

たぶんただただそれだけ。

前から欲しかったものを買うのも

行きたかったとこに旅行するのも

その為に仕事して金稼ぐのも

家族を作って共に暮らす事でさえ

結局、喜びという感情を味わうため

そのためだけに存在する。

そこまでして

俺たちは喜びを求めて生きているのに

喜びを与えてくれない腕時計

気まずさと、後悔の感情を与えてくれる腕時計・・・

別れない理由ある?

これはいい、、!はず

と思って手に入れてみたら合わなくて

結局別れる羽目になった、、、

て、なんか離婚みたいだが笑

幸運なことに自分は妻とはいまのところ

一緒になって良かったと心から思っている

なんの話だって感じだけど

時計の話です。( ´ ▽ ` )

昔腕時計に興味を持ちはじめて

色々調べた挙句、当時の自分としては

ずっと、ずーーっと使っていくぞ!

と思って購入した、思い入れがある時計の話です。

しかし、いざ手に入れてみると好きじゃなかった時計の話です。

そして、いざこの子と別れるとなると

かなり寂しさを感じている自分の感情についての話です。

えーー、とこの感情は、寂しさ

悲しみに近いかな。。。

今日もせっせと感情を、ラベリングして

自分の心を、クリアリング。

↑結局それかい

Follow me!

投稿者について

ミニマルな生活に憧れる
意識低い系ミニマリストだよ
色々なものを手に入れようとずっと
もがいてもがいてきたけど、
ぼちぼちもういいかなぁ、と思っているよ
気持ち安らかに何より心の自由を大切にしたいよ
   お し ま い

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です