相変わらずクリアリングは実践しているが

激辛丼が出されるときもたまにある!

苦いメニューもよく出る!

最近は家の外を感情食堂と名付けている。

まあ、家の中でもたまにでるけど

要は、外に出ると、自分の感情を揺り動かす出来事が必ず起こる

怒り、ムカつき、嫌い、、、辛くて不味いメニュー

不安、緊張、嫉妬、、、苦くて不味いメニュー

恐怖、罪悪感、悲しみ、、、酸っぱすぎて不味いメニュー

喜び、嬉しさ、愛情、ワクワク、、、甘くて美味しいメニュー

そして、感情食堂に来て座ると次から次へと料理が運ばれてくる。

ちょい辛メニュー、苦メニュー5連発、すっぱメニュー特盛り、等

正直ロクなメニューがこない笑😂

そして時々甘くておいし〜いメニューがくる

しかし、ほぼ甘いメニューは来ない

自分の場合は辛みメニューか苦みメニュー多め

んで、これを食堂が勧めてくるからと

パクッと食べたが最後

激辛メニューだった場合

ヒーヒーいってのたうちまわる羽目になる

だから、そんなときどうするか?

食 べ な い

それ一択でしょう。食堂の人に言って料理を下げてもらう。

「食べられないので下げてください。」

って言って。

んでも、この感情食堂のメンドイところは

次から次へと色々と運んでくることで

それはもうしょーがない

「いりませんー」

「下げてくださいー」

「食べれませんー」

と言い続けるしかない

結構手間でしんどいし、

気もつかうし、めんどい

だから皆拒否せず次から次へと来たメニューを平らげてしまう。

だから、舌が辛くてヒーヒー言ってたり、苦くてウエッとなったり、

要は唐辛子たっぷり、わさびタップリ、からしタップリをいつも食べさせられているわけで、、、笑😂

そりゃ苦しいよなぁ〜〜♫(髭ダンのプリテンダー風に)

なんの例えをしているかというと

感情の例えですね。

怒りという感情のメニューを店主が持ってきたとして

食べなきゃ大丈夫です。

しばらく、返却口に激辛メニューは残っていますが、おっちゃんが片付けてくれます。

それをたべちゃあ、おしまいよ。

食べるというのは感情と同化するという意味ですね。

感情は、エネルギーにフォーカスすると

メタ認知出来るため、完全には一体化しません。(横文字多めでスミマセン)

本っ当に怒っている人は

「あー俺今怒ってるな〜

この怒りのエネルギー・・・赤色で、人間くらいの大きさで、動きと形はネズミ花火みたいだな〜」

とかは、考えませんよね?笑

でも、人間だから100%感情と同化しないなんて、なかなか出来ないと思うんです。

でも練習してクリアリングを続けていけば

感情にのまれる割合は必ず減ってきます。

激辛麺を店が出してきたまま、大皿一杯平らげたら、舌が悲惨なことになりますが

一口だけなら、ぶっちゃけ大丈夫だと思います。

まぁ、そういう妄想をしながら

自分の感情と向き合って、遊んでいる日々です。

30ウンネン生きてきたけど

こんな世界あったんだ〜

という驚きを感じています。

以上です。

途中から敬語にしてみたくなったので

敬語になりました。

多分、自分でもかなり役に立っているので

人に伝える気持ちで書いたからだと思います。

自己満100%の時はまた

いつもの俺口調に戻ります!笑

Follow me!

投稿者について

ミニマルな生活に憧れる
意識低い系ミニマリストだよ
色々なものを手に入れようとずっと
もがいてもがいてきたけど、
ぼちぼちもういいかなぁ、と思っているよ
気持ち安らかに何より心の自由を大切にしたいよ
   お し ま い

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です