と急に思った。

Amazonで商品を見ていると

高評価の商品があるけれど

それも自分がいいと思ったのが

①番の基準

評価が低い?

評価が少ない?

上等じゃん

試してみようや

高校時代、

無名の参考書に

成績アップを救われた経験があるから

keiichi氏のkindle本しかり

無名のものの中に

自分を救ってくれるものがあると

知っている

むしろ、有名なもの

みんながいい、と言っているモノは

たいして良くないものが多い

有名な参考書は自分の成績を

上げてくれなかった

要は、合う合わないなんだろうけど

人は列に並びたがる

誰かがいいというと、殺到する

そして祭り上げられる

むしろ、人からあまり注目されていないものに目を向けていきたい

鬼滅の刃もそうだったんだけどなぁ、、、

流行る前から細々と読んでたのに

どうしてこうなった、、、

Follow me!

投稿者について

ミニマルな生活に憧れる
意識低い系ミニマリストだよ
色々なものを手に入れようとずっと
もがいてもがいてきたけど、
ぼちぼちもういいかなぁ、と思っているよ
気持ち安らかに何より心の自由を大切にしたいよ
   お し ま い

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です