ホオポノポノ読んでみた

意味わからん!

批判を一生懸命しても

何も自分に建設的ではないので

あそこがおかしい、

あそこがわからん

といちいちは書かない

(そもそも書けない?)

ハワイびいきなので

楽しみしていたけど残念

かわりに、感情の赤い球を継続

さらに瞑想をはじめる

ただしよくいう瞑想は嫌いなので

自分流にアレンジ

よくいわれるのは、

鼻呼吸で吸って何秒、吐いて何秒を

繰り返すというもの

これをやると、息を吸いすぎたり吐きすぎたり

普段やらないくらい吸ったり吐いたりして

吸いすぎて痛めている背中の筋肉がきしんでいたので気づいた

「いつもはここまで吸わないのに

めいそぅするぞぉ!」

と鼻息荒くフンフンやっていたら、

「あ、これ気合いすぎて吸いすぎなやつ

痛めている背中が痛い、、、」

て感じで気づいた

なので、

鼻で、とか、何秒、とか

どうでもいいこととする

それはただの方法論

本質は、思考を手放すこと

だから、

肉体感度に集中する

あ、暑いとか

ここが痛む?とか

ここがかゆい?とか

何も感じないなら

呼吸をいつも通り普通にしていることを意識すること

舌を置いている位置

目を閉じていること、まぶたがあることの意識

怪我をしていないことの確認

皮膚があること

筋肉、骨があること

皮があること

毛があること、体毛に触れる布団の感覚

外の音、虫の音

じとっとする湿気

でもほんの少し鼻水?があること

右の鼻の方が通っている

左の鼻の方が詰まってるとか

そういったことを

感覚を研ぎ澄まして

ただ、感じる

思考を放棄する

あれをこーする

あいつがこーいった

これがこーなるかも

あいつがこーした

あれはこうだった

など、過去の批判、未来の予測

を放棄する

特に自分や他人や

人間に関わること全てを

なるべく考えないようにする

(どうせ無理なのでなるべくでOK)

なぜそうするかというと、

苦しみは思考から生まれるから

さよなーら

Follow me!

投稿者について

ミニマルな生活に憧れる
意識低い系ミニマリストだよ
色々なものを手に入れようとずっと
もがいてもがいてきたけど、
ぼちぼちもういいかなぁ、と思っているよ
気持ち安らかに何より心の自由を大切にしたいよ
   お し ま い

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です