8割JAZZ聴いて

音楽が好きで良く聴いている

8割JAZZを聴き

POPSとclassicでそれぞれ1割づつという感じだ

すJAZZこそミニマリズムだろう

モダンジャズの少数コンボに絞っていえば

ほぼ、少数精鋭

3人~4人編成が多く

もちろん歌などない

生楽器の生音だけで勝負

もちろん、ビッグバンドは?とか

大人数編成もあるにはあったり

フュージョンはどやねん?とか

歌も結構あるよ!とか

例外はたくさんあるけれど

みんなが好きな

Waltz for debbyのようなアルバム編成は?

俺も大好きなピアノトリオですな

ピアノ、ベース、ドラム

おわり

JAZZは気取ってる?

だから学生時代はJAZZなんて、

どれも同じに聞こえていた

いやもう、こんなん聴く人間は

きどってるだけだろ?

絶対楽しくないよな?な?と

いまJAZZしか聴かない笑

しかも、必ず毎日聴いてる(2013年くらいから)

アルバムがめちゃくちゃ大量にデータベースに入っているため、飽きずに毎日何かしら聞いてる

特にメロディーラインというものが

あまりないのがいい

あくまで音を聞く

純粋な楽器の音、だ

人によって同じ曲でも

Saxなら

プピィーーー~♫もいれば

ブビビビィイイ!!もいるし

フホォ- – -もいる。

pianoなら

ポロロン♫もいれば

キンキン!もいるし

チャラアァァンッ✳︎もいる

同じ楽器なのに

演奏する側が変わるとこうもかわる

んで、そのよーー~く聴かないとわからない

違いをじーーーーーっと聞いて

聴き分けて判別して楽しむんですね

J-POPなんか、ボーッとしてても

そこそこ楽しめちゃうけど、

JAZZはそうはいかない

聴き手に聴く能力が求められるんですな

シンプルなほど鑑賞側に力がいる、と

JAZZはミニマル

ミニマルな暮らしも同様で

言っちゃったら慎ましやかな暮らしなんですよね

POPSのように、わかりやすく派手じゃない

美人やイケメンが歌わないし

歌詞もあの手この手で聴き手を酔わそう

世界観に連れて行こうとしてくるし

楽器もどれだけ入っているのかよくわからないくらい入ってて、

バンドなのにストリングス入ってるとか

なんかピコピコビュンビュンとヒカキンみたいな音が入ってたり

もはや、ソースとケチャップとマヨぶっ込み状態、その上わさびからしも入れるかぁ!

みたいな

お塩を🤏ひとつまみ、

ミニマルはこれくらいで良い

そこには明らかに刺激不足なので

退屈があり、我慢がある

しかしながら、よ~くあじわえば

味がしてくる

そしてうまい😋

自分にとってのJAZZも全く同じで

じーーーーーっと聴いてよ~く味わえば

味がしてくる

それが楽しい

良さがわからなかったミュージシャン

の良さがわかった時というのが楽しいなぁ

ミニマリズムな暮らしは

JAZZみたいな暮らしだと思う

個々の活躍がより一層期待される

ちなみに、

これを書きながら音楽を聴いているが

それは、テレマンの無伴奏フルートのための12の幻想曲 だ

JAZZちゃうやん

クラシック???ですね!!

クラシックだけど、楽器はフルート一本のみ

あと何もなし!!

そのまま1時間くらい吹きまくる!

これは超絶うまくて表現力がなければ出来ない神の技!俺もフルートしてたからわかるけど、絶対変な吹き終わりの音とか出ちゃうの、、、

究極のミニマル!わかりやすいメロディもないので、自分の中ではキースジャレットのソロピアノみたいな感じでもはやJAZZ

(完全即興と全部譜面通りの違いはあれど)

音は少ないほど美しいけど、

それだけ技術力が求められるわけだな

つまりモノは少ないほど美しいけど

それだけそれぞれのモノは活躍を期待されるわけだ

なるほど

おしまい

Follow me!

投稿者について

ミニマルな生活に憧れる
意識低い系ミニマリストだよ
色々なものを手に入れようとずっと
もがいてもがいてきたけど、
ぼちぼちもういいかなぁ、と思っているよ
気持ち安らかに何より心の自由を大切にしたいよ
   お し ま い

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です