言葉で知ることと、わかることは違う。

言葉として

知識として

あ〜知ってる、あ〜聞いたことある

ということは多い

でも、それってわかったつもりになってるだけで、体感ではわかっていない。ことが多い。

俺もわかったつもりのことがまだまだ多いけど

やはり、かなり、体感でわかってきたな、と感じる今日この頃。

前より燃え盛る感情の渦やうねりが減ってきてはいる。

出る時もあるが、、、

なので、やはり更新頻度が下がっている

前は毎日ブログに日々の

やばみなこと、ものすごくムカついたこと

などを書いても書いても書き足りないくらいだったのに

「しょーじき、書くほどのことじゃぁ、

ないんだよなぁー」

ってな具合で

いい意味で

なんでも、どーでもいい

感覚になってきている

最近の興味はリアルな喧嘩や、

武術、対人用の格闘

乱闘や身近にあるものを使った攻撃

喧嘩の収め方について、など。

なぜか??

対人関係での本当の非常事態というのは

喧嘩のような本当の接触による

攻撃に限られる、と最近思うから

言語による攻撃というのは

ほんとうに、すかしっ屁のようなもので

少しウザいが、ただそれだけであり

大した実害はほぼない

(悪口を言いふらされて

それを周りの人間が信じて

仕事の信用問題だったり

実害につながれば別だけど)

対人関係の実害というのは

日常レベルではほぼ無いに等しい。

昔は人の言葉に傷つきまくっていた

今ももちろん完璧では無いが

昔よりはかなり減った

クリアリングのおかけで

人の発言は全て

〜って、個人的に勝手に思ってて

 それをあえて言ってみた 

ということに過ぎないと、わかったから

俺は昔から人と会うと緊張して

嫌な気持ち、不安な気持ちになった。

なぜ不安になるのかと考えたら

人から暴力を受けるかもしれない、と

心の奥底では考えていたからだ。

大昔暴力を受けたことがある。

そして、それが、いまでも

心の反応として、こびりついているのだと

最近知った

なぜ知ったのかは

よくわからない

あえていうならば、クリアリングを行なって

冷静に自分の感情の発生源と向き合ったから

だと思う。

押し込めた感情と

それに対する反応(解釈)には

時間なんて関係ない。

クリアリングしなければ永遠にこびりついて残っているのである。

これが三つ子の魂百まで

というやつである。

喧嘩の方法であるが、

ペンや傘で突き刺したり

机や椅子を利用して叩きつけたり

こけさせたり、

非常に面白い。

リアルなケンカは周囲の地形や

小道具をどう活用するか

段取りをシュミレーションすることで

7〜9割の勝ちが決まるそうだ。

クリアリングは相変わらず

行いつつも

道具を使った攻撃を脳内シュミレーションしている笑😂

Follow me!

投稿者について

ミニマルな生活に憧れる
意識低い系ミニマリストだよ
色々なものを手に入れようとずっと
もがいてもがいてきたけど、
ぼちぼちもういいかなぁ、と思っているよ
気持ち安らかに何より心の自由を大切にしたいよ
   お し ま い

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です